未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

結婚式、「披露宴」という儀式に思う

コロナ禍で結婚式が様変わりして、はや3年目

結婚するカップルは必ずといっていいほど、「結婚式」その後「披露宴」という儀式を行ってきましたよね。

コロナ禍になって、中々結婚式・披露宴ができないという状況になって、入籍だけして、コロナが終息したら式と披露宴をという方々のお話はよく聞きます。

これまでの慣習から、結婚式=披露宴はすべきもの、という当然の概念がありました。

女性にとっては、人生の一大イベント、エステに通ったり、ダイエットしたりして、一番美しい瞬間を周りにご披露したいのですよね。

それが、コロナ禍になり、集合しての会食ができない。

もう、結婚式を予定していたカップルには大悲劇になりました。

ホテルなど、結婚式で大きく稼いでいた事業もかなりの打撃なのだと想像します。

結婚式・披露宴はしないで、入籍だけですませるカップルも多くなったことでしょう。

友人の娘さんも、すでに入籍して一緒に暮らしているけど、お式は今年の夏にみたいな。

多分、私が縁がないので知らないだけでしょうが、身内だけで少人数でヒッソリと式を挙げられたカップルも多いのでしょう。

私はそれでいいのではないかと、ふと思うのです。

今までがおかしいほど、結婚式・披露宴にお金や労力をつぎ込んでいただけなのでは~と。

中には、遠方の親族などと、パソコンのZOOMで繋いでのお式をなさった方もいらっしゃるでしょう。

それだと、移動の費用もいらない、支度もそこまで着飾らなくてもいい。

それは、確かに二次元でしか見られない不満もあるでしょうけど。

会えることなら、移動して、会場で三次元のお祝いに駆け付けたいのが本音ではあるでしょうけど。

でも、私は今のように地味に結婚できるのが理想でした。

そして、できるなら、我が息子も今のうちに結婚してほしいとすら思っています。

かないそうにはありませんが・・・。

昭和の結婚式・披露宴はハデだった~

そもそも、結婚式とは各国の王室・皇室の方々が結婚なさる時にする、庶民とは縁遠いものだったのではないかと思います。

一部のお金持ちや貴族の方々などが、儀式としてしていたものかと。

それが、情報技術の発達で、一般の人にもプリンス・プリンセスに生涯一度はなりたい願望が実現できたのかもしれないと思っています。

日本の短い高度経済成長時代は、それは結婚式はハデだったのです。

おそらく記憶では、平成の初め、バブルの崩壊前くらいまでがハデ婚が多かったのではないかと。

私も1985年、ホテルでの挙式・披露宴は、自分ながら結構ハデにしてしまいました。

今思うと、穴があったらもっと潜って入りたいほど、恥ずかしくてたまりません。

私たちの友人は皆同じ感じで式・披露宴を行っていました。

その後はもっとハデな仕掛け、ゴンドラから新郎新婦が降りてくるとか、スモークが焚かれて登場なんていう細工もあったようです。

時代に流されてしまった身としては、恥ずかしくてたまりません

私は白無垢、柄物の打掛、ドレスと3回もお色直しというヤツをやりました。

当時はそれを不思議とも思わずに、バカみたいなことにお金をかけていたのですね。

夫もいなくなって久しい今、その結婚式の写真を見るだけでも恥ずかしいくて、しまったままです。

夫も男性用着物から、タキシードなんかに着替えて。顔がイケメン・美女になるわけでもないのに。

職場の上司や同僚、友人たちなど、多くの方のご足労も考えないで。

そんなことがスタンダードな時代があったのです~~。

皆がGWや季節のいい時に結婚するものだから、仲人を頼まれるご夫婦は休日もなくて嫌だったでしょうね。

見栄の張り合い?!

そんな結婚式・披露宴は、まるで「私、綺麗でしょ」「こんなに幸せなのよ」感満載の見栄の張り合いだったように感じるのは私だけでしょうか?

自分は普通にやったから、そんなことが言えるのだと仰せの方もおいででしょう。

自分の意志を通せず、時流に流された自分が情けないです、本当です。

夫側にも我が両親にも、要らぬお金を使わせました

みんなとワイワイするのが大好きでたまらない方は、おやりになったらいいのでしょう。

そうでもない方は、無理に自分の枠を超えてやらなくてもいい、このコロナ禍の時期は貴重ではないかと思うくらい。

自分がウェディング業界にいないから、こんな話ができるのかもしれません。

ただし、私がこれだけはいい!と思ったのは フォト・ウェディング!!

やはり子どもができ、大きくなった時に、両親の結婚当時の写真があると嬉しいのではないかと思うのです。

仰々しい、華やか過ぎる披露宴は、一般人には不要な気がします。←あくまでも私の意見

だって、結婚は第二の人生のスタート。これからお金がかかるのです。

それなのに、見栄にお金を使い果たし、新生活にお金がないなんてバカげたことになっては本末転倒。

お金の価値観が合わないと、結婚も長続きしないと思うのです。

私の願いとしては、コロナが終息しても、リバウンドのようにまたハデ婚になったりしてほしくない

日本は平成を挟んで、令和になった30年間、働く人のお給料は全く上がってないというではないですか。

そして、女性もほとんどがこれからは仕事を続ける時代。

専業主婦になって、それがゴールではないのですから。結婚は単なる通過点。

確かに人生にはハレとケがありますが、ハレも身の丈に合ったものでいいではないでしょうか。

お金持ちはいっぱいお金を使ってくださればいいんですが。

一般人は、「入籍」と「フォトウェディング」で、後は身内だけの簡単なお式を挙げるだけで十分とつくづく思う私です。

コメント