未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

快晴の空、初夏の陽ざしと花々・新芽

ピンクの牡丹の花 豪華

おひさまに誘われて

今日はこの上ない、初夏を思わせる快晴の気分上々の日。

ちょっと散歩の時間を早めて、いつもより少し距離のある公園まで行ってみました。

もう、藤棚の藤がみごとに咲いていました! スマホのカメラがイマイチかなぁ。

初夏の陽気、少し歩いただけでも、弾性ストッキング着用の足に汗が・・

若い方たちは、もう半袖です。

九州はお花前線が早いです。

今日はこの藤ともうひとつ、牡丹を見に来ました。

もう咲き終わりだったり、今まさに、まだこれからのもあり、咲きそろってはいませんでした。

すべて、種類の違う「牡丹」の花。なかなか普段には見られない花。

色とりどりあって、豪華な花です。

庭内には、芍薬がもうすぐ咲かんとつぼみを膨らませていました。

芍薬は大好きな花です。牡丹よりも好きだなぁ。

開花の頃はまた人で賑わうことでしょう。

お年寄りや若いカップル、お1人さま、おばさまは大抵複数でした。

芍薬はまだでした つぼみはもういっぱい

ベンチに腰掛けて、持って行ったお茶を飲みました。それくらい暑かったです。

もう、虫や鳥たちも元気なこと。カラスまでもが。

カラフルな花に気を取られて、木々の新芽の美しさの写真は忘れました。

昔、私の若い頃は、もう少し季節がゆっくりでした。

そして、陽ざしもマイルドでした、これは確か。

温暖化だけは、やはり進んでいるのですね。

日本中、どこでも見られる風景ですけど、今日は写真多めの1時間半にわたる散歩の風景です。

帰りは大通り沿いを

時々座って、お茶を飲みながらでないと、若い時のようにはスタスタ歩けなくなってます~

マイペースを崩さずが一番です。

こんな感じの石段を下りて(転ばないように)、牡丹・芍薬園を後にしました。

結構、枯れ葉が落ちているものですね。虫たちの住処かしらね。

途中、逞しいタンポポの花と綿毛が、今頃。

本来なら、人間、こういう風に生きたいですよね。

どこでも、いつでも、元気に逞しく!!

苔むした桜の木の幹も観察しながら。

途中、こんなにももう皐月(サツキ)が咲いています。

大通りに出ると、公園側のお濠には蓮の葉が浮かんでました。

ソメイヨシノより遅い、八重桜の花びらが道端に散っていました。

これも風情がありますね。

こんな道を帰りは、暑さに日傘をさしながら歩きました。

まだ、八重桜?は花が残っているものも。

途中には石のベンチに腰掛けているおじいさんも。

今日はみんなお出かけ日和、外に出て思いっきり太陽の陽ざしを浴びたいですよね。

陽が落ちるのが段々遅くなっているのがわかります。

今日は一足早い、九州のおばちゃんの散歩にお付き合いいただきました。

 

お友達と家を出てすぐに会ったのですが、彼女はすでに買い物帰り

普通の人と行動時間の違う「フクロウ」ならではの行動でした。

人からは、「あの人にはホントに昼からしか会わない」と思われているはず笑

仕方ないですね、午後からしか、身体のパフォーマンスが上がらないのですから。

人さまに合わせることを諦めて、1人マイペースな日々を送るフクロウの独り言でした。

コメント