未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

母親はなぜ男の子のほうが可愛いのか?? 新しい美容室での戯言

美容師さんお2人と同じ意見

美容院を変えてみました

近いけど、朝その日の調子で午後の予約のとれるお店に。

姉妹のベテラン美容師2人の小さなお店です。

カットとヘアマニキュアをしてもらいながら、世間話をするのは美容院の常識かな。

71歳と69歳の姉妹の美容師さんは仲がいいらしい。

71歳のお姉さんにはご主人と息子さんが2人。息子さんたちは独立してるそう。

69歳の妹さんは離婚して、お子さんは息子と娘がいるそう。

私が息子が1人と言うと、息子たちの話になりました。

未亡人歴20年と言うと、これにはいつも驚かれます、今日もでした。

「よく頑張られましたね」と言われたので、病気までしたことは話せませんでした 

みんな、子どもたちは独立して家を出ているのは同じ。

お姉さんの息子さん2人は独身らしい。1人は離婚されたそう。

だから、やはり時々近くに住む息子さんの方は、帰ってくるそうです。

妹さんのお子さんたちも、息子さん、娘さん、時折帰省されるそう。

うちも時折、息子が帰ってくることを言いました。

そしたら、妹さん美容師さん

妹・美容師さん
妹・美容師さん

息子と娘が帰ってきても、娘には「自分でしなさい」と言うけど、息子には自然と体が動くのよ

私

そうなんですよね、つい息子には何かしてやりたくなりますよね

そんなやりとりをしながら、「なぜ、息子には世話を焼きたくなるんでしょう?」という話に。

「やっぱり息子のほうが、子どもの頃から手がかかって、可愛いからと違いますか?」と私。

「うん、そうそう、女の子は小さい頃から早熟だし、放っておいてもいい感じがするのよ」と美容師さん。

やっぱり、そうなんだ、私が息子の世話をやくのも普通なんだと納得しました。

この前書いた、関西のK子叔母も、還暦間近の息子さんの料理作りしてるものね。

女の子は同性でよくわかっているから、自分に当てはめて「こんなもの」って分かってるもの。

母親が男の子のお世話をしたがるのは、しごくまっとうなことだと分かって安心しました

息子のためなら「体が動く」という妹・美容師さんの言葉に納得の私。

我が母親も、私たち姉妹には、本当に手をかけず、私たちは放任で育てられました

理由は、自分でも身を持って知り母が理解できますね、今となっては。

髪は少し短くして、染めて、わずかに清潔感はでました 🙂 

40歳過ぎた息子にはもう結婚の話はしない

お姉さん美容師さんの長男さんは、40歳を過ぎられたらしい。

もうそうなると、結婚の話は全くしなくなるということでした。

もう自分の生活パターンが出来上がって、出会いもなければ、「これでいいか」になるのかな。

40歳がひとつの区切りになることがわかり、それも納得の私でした。

これだけ少子化が言われているのに、結婚しない?できない?男性が多かったら、益々少子化進みますね。

女の子も、今や結婚しないと決めている子も多いとか。

結婚がすべてではないにしても、一緒に生きていく伴侶がいたらと思うのは、世代でしょうか?

違った「価値観」を持った異性と暮らしていくのは、「おもしろい面」と「面倒くさい面」があるのかな。

今は「価値観」が同じほうがいいと言うものね。

私も息子が40歳までは、黙ってわずかに期待することにして。

それ以降はもう期待するのはやめようと思いました。

日本の未来は、どう考えても危ういですね!

夏みかんの他にドライイチジクとか真空干物、お茶など

上の写真は、関西のK子叔母さんに、能古島の夏みかんと生協の乾物を詰めて送ってきたもの。

夏みかんが美味しくて、食べてほしくて。

私はデパートのものは送れないけど、生協のものは送れるから、この前のお礼に。

芍薬に気をとられている間に、もうバラが散り始める季節になっていました。

コメント