未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

カラスの巣とツバメの巣の違い 週末料理

昨日のゴーヤーチャンプルー

どうでもよくないカラスの巣 と 可愛い2軒目のツバメの巣

カラスって嫌われ者ですよね。

そのカラスはどうやって、繁殖しているのかがわかりました。

こ~んな電信柱の上に、針金ハンガーを集めてきて「巣」を作っているんです。

見事ともいえる針金ハンガーの巣

街中の私の散歩コースにある普通の電信柱の上です。

少し前に、カラスが水色の針金ハンガーを口にくわえて飛んでいました。

「おお~」と思って見ていると、もう1羽のカラスが、巣で番をしていました。

そこへ、先ほどの水色ハンガーをくわえたカラスが止まったのです。

よく見たら、「巣」が! 

その時は、写真を撮ろうと構えると、もう1羽のカラスが私のほうへ移動。

怖くなって、写真を撮るのを止めて、散歩を再開。  

スマホをPixel6に替えてから、7倍ズームで撮影に成功したんです。

5~6月は鳥たちの繁殖の時期なのかしら。

カラスはベランダの針金ハンガーくらいは盗んでいける頭脳と器用さがあるみたいです。

そして、こんな巣を見つけたら、管轄の電力会社にお知らせしたほうがいいそうです。

あまりに大きくなると、その辺り一帯が「停電」することもあり得るそうです。

まだ、知らせてませんが、早めにお知らせしておこうと思いました。

いっせいに鳴き出した雛たち

一転、こちらは商店街のお店の外灯に巣を作っている2軒目のツバメの巣です。

通りかかると、いっせいに雛たちが、巣から顔を出して鳴き出しました

そうしたら、あっという間に、親ツバメの登場、キャッチできました~!

みんな口を開けて待ってます
どの子にあげようか?って感じかな

子ツバメと親ツバメの間には、テレパシーのようなものがあるのでしょうか?

鳴き始めたら、すぐさま親の登場でしたから、何かサインがあるのかもしれません。

「余計なおばちゃんが、邪魔をしてこめんね」と謝りました。

写真撮らせてくれて、ありがとうね、ツバメさんたち。

小さなお子さん連れも、待ってありましたが、しびれを切らして帰られました。

どうして、同じ鳥でも、カラスとツバメは扱いが違うんでしょう?

人に害を与えるか、与えないかの差と、小さくて可愛いか、黒く大きくて怖いかの差かな。

それに、カラスは時には、飛び立ったばかりのツバメを餌にしちゃう感じもしますものね。

ブログを書いていなかったら、ツバメの巣の観察も、カラスの巣にも気づかなかったかも。

何かしらアンテナが以前より立ってる気がします。

週末料理 昨日のゴーヤーチャンプルー

今日は、以前も書いた「豚ヒレ肉の赤ワイン・トマトソース煮」を作りました。

レパートリーが少ないのと、材料が揃わないと新しいものに挑戦はできません。

本当に料理は苦手だし、手際がいいとはいえなくて、時間がかかります・・

だから、冒頭の料理は、昨日の「ゴーヤーチャンプルー」です。

そこに、キャベツも椎茸も入れてしまいました~、独自の創作料理ですね笑

最後は「かつお節」も忘れないように振りかけて。

息子の分は冷凍させるので、豆腐が高野豆腐のようになるみたいです。

昨日は、17センチ四方のジップロックコンテナが3個分できました。

2箱は冷凍に。2台目冷凍庫、本当に役に立っています

昨日の散歩の途中で見つけた、同じ株なのにピンクと紫の違う色の花の咲くアジサイ

珍しくて、パチリ!

こんな何でもない日のブログ、読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村に参加していますので、下の「ブログ村」のアイコンをポチっとしてくださると感謝です。

コメント