未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

今月のフラワーアレンジメント 昨日の眼科検診

食卓の真ん中に置くキャンドル付きお花 先生のお店で

見たこともない色の紫陽花を使った、食卓用アレンジメント

上の写真の、枯れたような花びら、実はこんな色の紫陽花(カメレオン)なんです。

赤と反対色の緑がかった、花びらの紫陽花、小さいの2輪を小分けして使いました。

今日は、食卓を飾ると素敵な、キャンドル入れをラウンドに覆ったアレンジメントでした。

今日の花材

スプレーバラ(ピンク) スターチス(ピンク)

エリンジウム  ユーカリ  斑入りアイビー

トルコキキョウ(紫)  紫陽花(カメレオン)   

みんな少しづつ適宜です

実は、ピンク色のお皿に、先月の植生アレンジと同じように、スポンジを少し大きく配置。

それから、ただただ、上記のお花と葉を細かく切り分けて、スポンジに刺していくだけ

簡単と言えば簡単なんですが、うまくラウンドになるように、お花と葉を配置して刺すこと。

今日は、私1人の贅沢レッスンでした。

長く続けている生徒さんが多いのは、やはり先生の花の選び方、色の好みのセンスだと思います。

私はまだ4回目ですが、毎回、お花の種類と色に感銘を受けています。

今日の出来上がりも、素敵で、可愛くて、何枚も写真撮ってしまいました。

キャンドルもピンクとグレーを選ばれるあたりは、まったく私の好みと同じです。

我が家に持ち帰り、玄関正面に。

キャンドルに火を灯して、夜景モードでは、こうなります。

今夜遅く、息子が帰ってきますから、明日の夕食時、余裕があれば、食卓に置きたいです。

今日は、本当に蒸し暑く、雨が降るのか、晴れるのかもわからない、人体には苦しい天気

無事に行けて、お花を持ち帰れたことに感謝です。

夫と前管理人Tさんに報告しています。

この時期は、夫の仏壇の仏花は、近くで作ってもらった、ホコリを寄せ付けない人造花にしています。

プリザーブドフラワーにしていた時期もありましたが、あれも汚くなるのですね。

それからは、申し訳ないけど、夫の仏花は人造モノになっています(;^_^A

昨日は1年ぶりの眼科検診でした 視野検査も

昨日の夕方からは、年に1回の眼科の定期健診に行ってきました。

もう8年近く、「視野検査」もしています。眼科も患者さんが多かったです。

右目の右側に少し「視野欠損」が見つかってから、毎年です。

2年前からは、左目の左側にも少し欠損部分が・・

今回も左目にもやはり視野欠損が現れているので、半年に1回の視野検査に~。

去年あたりから、上まぶたが下がってきているので、テープで上に上げられました笑笑

眼瞼下垂で、そのうち「二重まぶたの手術」をしたいくらいです←こんな歳で二重まぶたになってもねぇ。

この「視野検査」、結構緊張するんですよね。片目づつです。

1点をずっと凝視して、点滅する光に、手元のスイッチを押すだけなんですが。

どうしても途中で、目が動いてしまうんです。

これは、「視能訓練士」という資格を持った方が行われるので、曜日・時間が決まっています。

終わって、ホッとして、目を開けすぎて涙が。

眼圧もやや高いようでしたが、目薬をさすまでもないと。

はぁぁ~、眼科も次回から半年に1回ですか。もう、病院ばっかりだなぁ。

女医先生の髪の多さに、改めて驚き、お歳を尋ねるも、「あなたより上よぉ~」と。

いやぁ~、お若い人は見た目も若いのですよね。

「先生のお繋がりで、いい内科の先生はおられませんか?」と私。

「私はどこも異常がないから、内科はかかってないのよ。まずは人間ドックに行かれたら?」と先生。

そうなんだ、60代では、どこも悪くない方も多いのだと改めて、個体差に驚きました

「人間ドック」かぁ。しかし、自分の身体に「お金」を使うのが1番なんですよね

ちょっと、考えないといけない我が身体。ポンコツっぷりは、認めています。

「ドライアイ」のためのヒアレイン点眼液だけいただいて帰宅。

待ち時間に、待合室に空清の「エアードック」を見つけました。

よく日経新聞に公告が出ています。確か海外製品です。

2月に空清を買い替える時に、ダイキンとこのエアードック、シャープと、迷って国産?のダイキンにしたのでした。

加湿には、商品が届くのが遅くて間に合わなかったのでしたぁ。

来冬には、加湿効果を発揮してくれますよう。また、別に書きたいと思います。

コメント