未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

5月のフラワーアレンジメント 植生アレンジ

今月もレッスンに行けたことに感謝

今日は5月のフラワーアレンジメントのレッスン日でした!

薄曇りでしたが、雨も降らずにお花を持ち帰れました~。

今日は「植生アレンジ」

花材を植物の植生を生かした使い方をし自然にナチュラルに仕上げたアレンジメントです

花材をパラレルに、しかもナチュラルにあしらったアレンジメントということ。

いかにも自然に咲いているような感じに仕上げるそうなんです。

お皿も先生が IKEA で調達されたもの。チャコールグレーで素敵!

お皿にスポンジを固定するように並べます。

花材は

〇 オクラレウカ  3束

〇 利休草    2本

〇 ブルーレースフラワー (ピンク) 2本

〇 アストランチャー (ピンク) 2本

〇 トルコキキョウ (アプリコット) 2本

〇 ブプレリウム  2本

〇 スプレーバラ (ピンク)  2本

〇 人工モス(苔)

これらを、順番に縦に長く、群生しているように刺していきます。

先生はオランダで20代にお花を修行されているので、ヨーロピアンなんです。

今日のそれぞれの花の色がとても私の好みでした。

特に、トルコキキョウのアプリコット色が、新色で何とも形容しがたい、アンティークな色なんです。

中央がトルコキキョウ

これまでのトルコキキョウは、白か紫、ピンクだったと思いますが。

今日のは、アプリコット色、なんともレトロな感じの色でした。(写真がいまいちです)

ブルーレースフラワーのピンクも美しくて、一番高めに刺しているものです。

花材とスポンジがあれば、群生しているように刺すのは適当で、意外に簡単でした。

最後に、スポンジを人工モスで隠して、出来上がり~!!

先月のトピアリーの可愛さとは全然違う、野生っぽいアレンジメントになりました。

生徒が3人で楽しい時間でした♪

私がやはり一番年上でシニア、あとのお2人は先生と同じ50代前半

2人とも、長く続けておられて、お1人は20年近くも

それだけ、先生のセンスに魅せられてしまうんですね。

お世辞にも、レッスンのお店が綺麗とは言い難いのだけど。

先生のお花に対する情熱とセンスの良さは、長く続ける生徒さんでわかりました

コーヒータイム時のお話し。

今日は、先生も含めて、実のお母さんやお義母さんのお手伝いや介護の話が出てました。

そういう年代なんですね。

私くらいのシニアになると、母親も施設に入っていたり、亡くなってしまっていたりします。

まだ10歳若い方々は、これから親の介護の現場に突入なんですよね。

お姑さんから、途中で電話があった方は、お義母さんから用事を頼まれたみたいでした。

「もうね、あの年になると、当然であるかのように頼みごとをしてくるのよ」と。

「ああ、義母はやはり嫌われ者になるんだなぁ」我が身に置き換えて考えました。

息子がいたら、誰でも「義母」になる可能性があります。

そして、歳を重ねて、身動きがとれなくなったら、疎まれるのねぇ。

そうやって、人間は回りまわって、自分の番がくるんだよね。

仕方ないよ、誰だって歳はとるもの。

「今日が一番若い」んだもの。

また、皆が iPhone だったのには驚きでした。

やはり、Apple帝国、全世界のすみずみまで制覇してるんだと、妙に納得。

一世代若いと話がまた違って面白かったです。

もう一度、今日のアレンジメントの一番綺麗なところを。

これが用意して行った袋に入らないので、水平に持って、徒歩で帰宅しました。

近くに、こんな素敵な教室があって、私は幸いです。

25年ぶりくらいのフラワーアレンジメントですが、まず行けたことに何度も感謝

そして、無事、持ち帰れたことに感謝

よく頑張った、この足!

SIXPADのFoot Fit Lite と リンパドレナージのお陰かもしれません。

天気も今日は味方してくれました。有り難い1日です

こんな自己満足のブログを読んでくださり、有り難うございます

皆さまにとっても、今日が穏やかな、良い日であることを願っています。

コメント