未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

病となりて 健やかさを知る

定期検診で歯科へ

いつも通っている歯科のカレンダーに「病となりて 健やかさを知る」とありました。

3カ月おきに検診に通っていますが、4か月近くになってしまいました。

英語だと Health is not until sickness comes. こういう表現するんですね。

英語は見事に日本語と語順が逆で、そこが日本語あたまの私には難しい。

けど、中学生の単語の英語で、こう表現されると、「ふう~ん」と納得します。

そうなんですよね、昔は、歯も虫歯が痛んでから歯科に駆け込んでました。

それじゃぁダメなんだと、大人になって気がついた今のシニア世代はそれはもう多いのでは?!

昭和はまだ「予防歯科」なるものは全く発達していなかった。

そして、食べ物は、甘いものがたくさん売られている。

歯磨きの習慣はあっても、磨き方などを教えてくれたこともないし、自分からも学ばなかった。

あの小学生時代の杜撰さが、こんな歳になってからの「生活の質」を決めるとは~。

「お金の大学」の両学長のyoutubeでは、いつか「口の中の歯には3000万円くらいの価値がある」

なんて話があったような!

地方では小さな家一軒分くらいの価値ですよ~。

歯磨きの大事さ、歯間ブラシ、フロスなど使い分けて、予防に徹するに値しますね。

できるだけ歯を抜かない歯医者さん

歯科衛生士さんに、あの着色する液体を塗ってもらってから、歯垢の残り具合を確かめる。

あああ~、今日も検診前にちゃんと磨いて、フラシもフロスもして、出かけたのに~

やっぱりあのドピンク色に染まった歯垢に頭がクラクラした。

磨き方を丁寧にまた今回も教えていただく。

毎回、違うところにひどい着色がみられて、通うことには確かに大きな意味があります!

衛生士さんはプロだから、100円の歯ブラシでも適切な強さと角度で、綺麗に落としてくださる。

歯ブラシにはこだわっているほうとは思うけど、やはり磨き方の違いですね。

電動歯ブラシも使ったことはあるけど、私はやはり時間をかけても手で磨いたほうが納得がいく。

それと、もちろん歯間ブラシ、フロスも使って磨いていると、寝る前は10分~15分はかかる。

ここまで、意識高く、歯のケアを行えて来てたら、こんな状況にはならなかったはず。

3年以上前に、今の歯医者さんに思い切って歯科医を変わりました。

以前15年ほどお世話になった歯医者さんは、インプラントばかりに力を入れられるようになったのです。

通常治療は、別の先生に任せっきりに。そして真面目に通ったPMTCだったのに。

だけど、前歯の1本がグラついているのを2年間も放置されてしまったのです。

私もいい加減に先生の聞いていたのかもしれない。放置してしまったのかもしれない。

だけど、グラついていることが、後々どういうことになるか、ちゃんと説明していただきたかった。

いい歯科はないですか?」とマンションの方々に聞いて、今の歯医者さんに決めました。

今の先生は、できるだけ自分の歯を抜かない、残す主義の歯医者さん

今日も、相談したけど、やはり今痛みもないのだから抜かない方向でとのこと。

娘くらいの歳の可愛い衛生士さんに聞きました。

「ご自分のお母さまが、私のような状態でも、歯を抜かず現状維持をお勧めされますか?」と。

「はい、自分の母でも抜かない選択を勧めます。痛みが出たらその時に考えます」と。

でもねぇ、以前みたいに、ガブリと美味しいものを前歯で思いっきり噛みつきたいのですよ~

昔の甘いもの好き、歯磨きいい加減のツケがこんなにも先に回ってくるとは。

病となりて、健やかさをを知る 

歯も身体の大事な一部。虫歯や歯周病がひどくなってからでは遅いです。

健やかな「歯」を保ってくださいませ。

これを読んでくださる方は、どんな歯をお持ちでしょうか?

歯を大事にしましょう!!

今夜は、歯を綺麗にしていただいたので、何か食べて歯を汚したくない気分

でも、人間、そういうわけにはいかないので、食べますが~。

この、舌でさわる時の歯の裏の歯垢のない、カクカクした感じ、なんとも言えずいいですよねぇ。

歯間ブラシも買ってきました。これは必需品です。

健康な歯を維持していきたいものですね

歯医者さん近くのツツジがもう咲き始めています。

5月の暖かさでした。美しい赤いツツジの花、時間が過ぎ、季節も進んでいます。

コメント