未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

私の小さな節約 タオル編 大きなバスタオルを使っていますか?

見えちゃうタオル収納棚

60×120センチの大きなバスタオルは贅沢と思う私

私の実家でもそうだったからかもしれません。

あのホテル級の「60×120センチのフカフカのバスタオル」は使ったことがないのです。

そこは、ケチといわれても仕方がないほど、倹約家です。

タオルはほとんど、自分で買ったことがないのです。

昔から、郵便局や銀行で預金をするともらえた「34×80センチのいわゆるフェイスタオル」が主です。

今はもうありませんよね

銀行に手数料を払いに行って、いただけたのは大量のタオルだけ。

また、夫の生前、生命保険会社の営業の方が、毎年必ず2回くれました。

昔は、そうでしたよね、タオルがほんの気持ちって感じだったのです。

それから、何かのお礼でいただいたものや、返礼品としてもらったタオルでまかなってきました。

お風呂の時はどうするかって?

湯上りには、この34×80センチのフェイスタオルを2枚使います

「それじゃぁ、同じじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、違います!!

息子もすっかり私のこの習慣が定着していて、実家の習慣とは恐ろしいものですね。

それこそ、atomic habit (小さな習慣)ではないでしょうか~。

あの60×120センチのバスタオルとフェイスタオルの作りは、厚みも吸水度も違うんです。

いただきものの、薄いタオルは雑巾にしてしまう方も多いかしら。

そこが、私の節約ポイント!

節約ポイントって、人それぞれでしょうか。

私は、がんサバイバー、未亡人、リンパ浮腫保持者ですから、使うところには意外にドーンと使います。

シニアですから持ち時間も若い人とは違い、限られているのですから。

が、こんなタオルみたいな、自分のこだわりの部分は倹約するんです。

バカみたいでしょうか? 笑えますよね。

洗濯の時の水量が全然違うんです 大きさと厚みで

最近は、少し小さめの40×100センチのミニバスタオルも安く手に入るようになりました。

生協でこのサイズのミニバスタオルを見つけた時は、即買いしました。

今治産なんて、私には贅沢品なんです。

生協で買った今治産のミニバスタオル

旅行などで、ホテルや旅館に行った時に使う、あの贅沢な大きさとフカフカさ

私にはもったいなくて、日常使いはできません

しみったれ かもしれません笑笑

何が一番私をそうさせるのか、考えてみると、洗濯時の水の量が全然違うと思うのです。

そして、乾く時間も小さくて薄いほうが、早いんです。

人によっては、湯冷めしないように、手早く拭きたいむきも多いでしょう。

それが普通で、私はそこはしみったれを自覚しています

それでも2枚使うと、上半身、下半身と分けて使って、困ったこともありません。

髪の毛は、私はお風呂では洗えない(リンパ浮腫で足に長く水をあてられないから)のです。

今は流行らない「シャンプードレッサー」で、髪だけ洗います

それも毎日ではなく、2日に1回。小さなフェイスタオルで拭き上げます。

私は、消耗品も長く使ってしまうほう。

なかなか、もったいなくて捨てられないのです。

最後は雑巾にして、窓や網戸や玄関のタタキを拭いて、やっと捨てます。

だから、「足ふきマット」も結婚当初からのものを使っていたり・・(びっくりですよね)

お風呂上りには、今は珪藻土のマット(ピンク)ですが、洗面台の薄緑のマットは結婚当時のものです(驚)

右は珪藻土の湯上りマット

6~7枚をローテートして使うので、そこまで1枚をヘビーユーズしていないのかもです。

トイレの手を拭くタオルも10枚ほどをローテートしています。

息子の幼稚園時代に同級のお母さんからいただいた、長タオルも今も使っています。

彼女に言っても、覚えていないかもね~怖い人になっちゃうかしら・・

さすがに、ソフト感はなくなりましたが、捨てられません。

ミッキーマウスの顔入り(30年近く前のもの)

おそらく私は、「布類」にすごく愛着がわくのかもしれません。

計らずも、思い出とともに、生きているのかもしれませんね。

人は、その人なりのこだわりがあると思います。

そして、一番は、「洗濯時の水量を抑えたい」のです。

私は、浴槽に浸かるのは1か月に1回くらい。あとは、シャワーで済ませます。

足のためもですが、飲む以外は、水を使う量を自分だけでも減らしたい思い。

みんなが毎日浴槽に入って身体を清潔にする、洗濯物も増える → 使う水の量が増える

これだけではないですが、こんなことの積み重ねが、地球温暖化につながっているのではと思うのです。

人間は長生きになったけど、乗っている「宇宙船地球号」が危ないのではと、浅はかな頭が考えます

ただし、リンパ浮腫の足を拭くタオルは比較的ソフトなものを使います

これだけは、皮膚が弱っているので、仕方ありません

引かれる方も多いと思いましたが、今日は私の変なこだわり、節約術でした

コメント