未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

やっぱり必要、マイナンバーカードが健康保険証に/秋を感じるけど、カンナの花?!

紙の保険証がなくなる?

総務省はマイナンバーカードを健康保険証を紐づけ、公金受け取り口座を指定しておくと、マイナポイントを付与すると以前から言っていました。

そして、早いことにもう健康保険証として使うと、今度は医療費負担が抑えられるようなことを言っています。

まだ、マイナ保険証に対応していない医療機関がほとんどなのに、そんな見切り発車をしていいの?

そんな疑問は残りますが、いずれ必ず紐づけられるのですから、必要な手間ですね。

マイナンバーカードが重要になり、失くしたらとっても困るものに!

マイナンバーカードをまだ作っていない方は、早めに作られたほうがいい状況になってきました。

マイナンバーカードができた時からわかっていたことですが、国民総背番号が打たれたも同じなのです。

整備が整えば、そのうち役所で管理されているすべての情報、病院での病歴・投薬歴、確定申告、年金料の納付から年金の受け取り、すべてがカードの中に入るでしょう。

そして、ごまかしが効かない、今のサラリーマンのように税金もすべてガラス張りになるでしょう。

個人の情報がすべて1枚の背番号をつけられたカードでわかってしまうようになるのです。

だから、このカードはものすごく大事なものになってきました!

常に持ち歩くことになると、少し怖い気もしますよね。

失くそうものなら、あまりにも膨大な情報が入ってしまうがゆえに、一大事になってしまう危険があります。

再発行は簡単にできるのでしょうか?その間はどうすればいいのか?など課題は多そうです

カードだから、必ず紛失する可能性はありますよね。

以前、「スマホを落としただけなのに」という本も出て映画にもなりました。

「マイナンバーカードを失くしただけなのに」ということにならないかがとっても心配です。

スマホもまだ落としたことはないし、カードも失くしたことはありませんが・・。

息子が小さくてまだ忙しかった頃はカードを失くしたことがありますから、忙しい世代は気をつけないと怖いです。

マイナンバーカードさえ作れば、あとはスマホからもPCからも

これを機会に、今まで作っていなかった人たちが、役所で作ることになるでしょう。

作ってしまえば、若い人はスマホから、PCから簡単に健康保険証は紐づけられます。

PCのマイナポータルのサイト  スマホはマイナポータルのアプリをダウンロード

PCはカードリーダーがいりますから、スマホからのほうがやりやすいようです。

スマホもPCも持っていないお年寄りには、それなりの行政の手続きがあるようです。

そして、公金受け取り口座も紐づければ、今はマイナポイントが15000円分つきます。

お隣の韓国はすでにIT化が進んでいますから、すべてが国に把握されることになっているのでしょうか。

日本も遅かれ早かれ、そうなる時が来るのは明らかです。何のためのITの進歩でしょうか?

病院でも薬局でも、病歴や服薬の履歴が一目でわかれば、いちいち説明もいらなくなり便利でしょうね。

昨日も病院に行ったような、病院と縁が切れない私はとてもいいことだと感じます。

今日は極上の秋日和 洗濯物は乾きます 赤いカンナの花の思い出

昨日が病院の検査で疲れて、何もできなかったので、今日は最高の秋の日和ですが家事を頑張りました。

洗濯機を2回も回して、大物のベッドのシーツ・敷パッドも洗いました。よく乾きました!

散歩もできました。飛行機雲みたいな、こんなにも秋らしい空でした。

極上の秋の日に認定したいような日でしたね。

近所の公園に枯れかけた「赤いカンナ」がまだ咲いていました。昔、歌った歌を思い出したのですが。

「赤いカンナの花咲く、いつかのあの家」という歌詞だったような気がするのですが、、、

ググっても安達明さんの「赤いカンナが咲いていた」しか出てこない~メロディも違うのです。

あれはなんという曲だったか知りたくなりましたが、youtubeにも私の知ってるメロディはないのです😩

自分で作った「替え歌」だったのかもしれません💦 思い出したい~~

昔はカンナの花をよく見かけました。今はもう流行らない花みたいですね。

なかなか見ないのに、近所の公園の生垣みたいに背が高く咲いていて、ビックリしました!

自分が幼稚園くらいの子ども時代を思い出しました。もう60年近く前の思い出、みんな若かったですね。

ブログ村のランキングに参加しています。クリックいただけると喜びますm(__)m

コメント