未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

能古島 夏みかん(甘夏)を友人に分けてもらう♪ 午後からはドレナージへ

能古島の夏みかんは美味しい

昨日、同じマンションのUさんに、能古島の夏みかんを分けていただきました。

毎年、箱買いするUさんは、3人家族。

それでも、いっぺんには食べきれないようで、13個を1400円で分けてもらいました!安いです

Uさんは、去年一緒にキッチンのリフォーム計画を立てた同志なんです。

(私は昨年6月に、彼女は11月にそれぞれ、パナソニックでキッチンリフォームしました)

10歳年上だけど、私より元気で、活動派、そして多趣味、多芸

彼女は、料理はほぼ手作り。外食は一切しない人。

家族性の高血圧の持病を薬でコントロールしている以外は、本当にお元気

ご家族も、Uさんの手作り料理のせいか、全くの病気知らず。お幸せなご家庭です。

彼女と一緒にリフォームの計画立てられて、勉強になったことがいっぱい。

頭もいいし、料理もできる、この歳の私を友達にしてくれて嬉しかったのです。

彼女の申し出だったので、「夏みかん、いる?」「はい、いります!」と。

去年は、この夏みかんで作った「マーマレード」もいただいたのです。絶品なのです!

昨夜と今朝も早速夏みかん食べて、美味しいこと。

甘くはなく昔ながらのちょっと酸っぱい、さっぱりした、大好きな味なんです。

スイーツ苦手の私には、ありがた~い食味なんです。

リンパドレナージ、足が柔らかくなり嬉しい

私1人では、夏みかん13個は食べきれないので、ドレナージの先生にも2個ほど持って行きました。

喜んでいただきました。

早速、スカートもストッキングも脱いで、ドレナージ開始

3月から約1か月おきに3回目の施術

やはり、ウエストからお尻にかけて痛いところがありました。

そこで、リンパの流れが滞っているらしいのです。

まずそこから、ほぐしの施術を始めていただきました。

普通のマッサージと全然違うのは、順序が逆ということなんです。

脇の下から順番にリンパの通り道を開けて行き、最後に患部の左足太ももから膝にかけてドレナージ。

ウエスト、お尻が硬くなっているそうで、かなり時間をかけていただきました。

その間も先生は手をくまなく動かしながら、2人で世間話をしました。

やはり連休は、人の多そうなところへは、どこへも出かけなかったと。

先生も猫好きで、猫グッズが施術室にもあちこちに。

どちらかというと、1人で自由気ままに過ごすほうがお好きな方です。

前回話した、両学長のyoutubeは、毎日見るようになったそうです。

でも、運転免許証がないせいか?お忙しいせいか、銀行や証券口座はまだ作れていないらしい。

前回は、目がランランだったけど、やはりお仕事があると時間がないのでしょう。

この年齢(60歳過ぎシニア)になると、もうある程度の基盤があれば、焦らなくてもいいんですね。

猫と暮らしながら自分の腕1本で暮らしていける「ゆとり」を感じました。

1回、約1時間半の施術が、10割負担の6600円だから、結構高いです。

(それだけでも、1年間に12回行けば、79,200円かかることになります 😥 )

でも、あのほぐしの施術は誰にでもできるものではない技術。気持ちいいんです!

終わった後の、硬くなっていたところの柔らかさは、奇跡かと最初は思ったくらい。

まだ、改善の余地があることがわかり、本当に気持ちが救われたのでした。

LVAの手術を受けられる先生が、この地で見つかればなぁ。

 

翻って、私は同年齢群ながら、何も資格も特技もなく、施術してもらう側

人生って、本当に色々だなぁ」とつくづく思いました。

先生は、孫までいても、離れているから、全くベッタリではなく、本当に自立した女性

そうありたかったなぁと思いながらも、自分が選んできた道の先に今があります。

私は私、お世話になるのが運命だったのでしょう。

「腕のいい、ドレナジストの先生が近くにいらして幸運だった」と思うことにして帰ってきました。

3日に買った、今日の芍薬

コメント