未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

「伴侶を亡くす=没イチ」って言うんですね 「気ままサロン」を知る

今朝のヤフーニュースに死別した人たちの会があることを知りました。

関東とその近辺県が対象みたいです。その名も「気ままサロン」

「没イチ」になる時期によってそれぞれの状況違う

結婚していた伴侶と死別した人のことを「没イチ」って言うのは聞いたことはありました。

離婚した人のことを「×(ばつ)イチ」って呼ぶようになったから、死別は「没イチ」。

なんだかその響きがあまり好きではなくて、スッカリ忘れていました。

確かに相手が没したのだから、「没イチ」かぁ。

最愛の伴侶を亡くして、悲嘆にくれる人はいつの時代にもいるわけです。

今でこそ私も死別直後に比べたら、はるかにはるかに強靭になり1人暮らしを楽しんでもいます。

若くてまだ子育て中の死別とシニアになってからの死別は、少し感覚が違うと思ったほうがいいでしょう。

若くしての死別は、ともすれば大きな経済的不安定をもたらしますし、子どもが育ちあがっていないもろさもあります。

「淋しい、寂しい」と言っていられないくらいに、気を紛らわさないといけない事態が待っています。

1人での子育ての上に、仕事の継続もあるのですから、寂しいと言っていられる悠長さはありません。

一方、シニア世代になってからの死別は、長く連れ添って子どもも巣立っている場合が多く、1人の寂しさに襲われる可能性は大きいでしょう。

連れ添った期間が長い分、絆が強かった分、精神的な寂しさを強く感じるのですね。

結婚すれば、離婚しない限り死別するのは当然のこと。遅かれ早かれみんなが経験するんです。

その時期によって、ずいぶんと悲嘆の感じ方、立ち直り方にも違いがあります。

早く死別したら、子育てもあるし、忙しさで紛れて時が過ぎ、そのうち耐性がついて強くなるのかもしれません。

お互いが80歳を過ぎれば、もう当然のこととして受け入れるしかない時期でもあります。

そこまで行く前に、これから2人で楽しめるという時期に死別してしまったら、辛さ、寂しさは甚大ですね。

寂しがりの人たちの集いを見つけました!「気ままサロン」

これがヤフーニュースです。

高齢化に伴って、死別して遺される女性が圧倒的に増えたということです。800万人!

男性は、一部の例外を除いて、女性より早く亡くなりますね。女性は強し!!

それでも、精神的には落ち込み、1人でいることに耐えられない「寂しがり屋さん」も多いのですね。

人間は所詮1人では生きられないもの、誰かのお世話になって、お世話をし、話しをしたり、笑い、泣き、繋がって生きていくもの。

その「寂しがりかた」に個人差はあるんです。

愚痴をこぼせる相手は、やはり同じ境遇の「没イチ」さましかいないわけです。

伊藤京子さんが主催しておられる「気ままサロン」は関東在住の方にはいいのではないでしょうか。

イベントがあったり、最近はZOOMでのオンライン会もあっているようです。

全国に会員がいて、総数は約100人らしいです。

創立は1999年らしいので、私がHPをやっていた頃にもすでにあった模様。

とにかく、1人でじっとしていないで、「とにかく靴を履いて外に出よう」ということ!

お互いに「辛かったね」と言い合えるだけでいいんです。

仲間がいるって思える、自分だけじゃないって思えると、少し気が楽になるんです、不思議なことにね。

「気ままサロン」で紹介されている本、「夫婦死別の悲嘆から立ち上がる これから」を貼っておきます。古いので中古しかないようです。

私のように、伴侶のいる友人に愚痴を聞いてもらっていたら、友人を失いかねません。

やはり、同じ経験をした仲間を持つことは心強いものです。

しかし、意外にも60歳過ぎて夫を亡くした女性は、夫のいる女性より長生きというデータもあるらしいことを以前聞きました。

どんな関係性だったかによりますが、夫から解き放たれて「今が一番幸せ」と仰る80代女性にも会いました。

シニアになって死別された方は、どちらのタイプですか?

男女問わず、寂しがり屋さんは「気ままサロン」はお勧めです。

お読みいただき有り難うございます。アイコンをクリックいただけますと幸いですm(__)m

コメント