未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

Uさん今日から入院です! 昨夕、バラの花のおすそ分け

Uさんが肺炎で入院されましたが、LINEが! 安心した~!

Uさん、熱がぶりかえし、夜も悪寒戦慄で眠れないので、昨日受診されたそうです。

そしたら、白血球とCRP(炎症反応)の値が高くて、今日から入院ということ。

おうちで全然養生できていなかったのでしょうね。

抗生物質も合っていなかったのかもしれません。

まず、「眠れない」というのが、最大の回復しない原因と思います。

数日間、それで過ごしておられたのは、さぞ辛かったことでしょう。

お元気な旦那さまも娘さんもおられるから、そこは1人暮らしとは違います

ただ、家族がいることで、かえって主婦としては、休めなかったのかもしれません。

でも、入院となると、直接腕からの抗生物質の点滴になりますし、上げ膳据え膳です。

ご家族は大変でしょうけど、Uさんを休ませないと。

ともかく、ゆっくりと抗生物質の力を借りながら、安静にして、免疫力を高めないとね。

私も2015年9月に、蜂窩織炎がお腹まできた時に入院しました。

同じような「細菌感染症」なので、抗生物質の点滴と安静で9日間で退院でした。

その時は、まだ息子が同じ市内に勤務していたので、洗濯物は何とかなりました。

今は、私は入院になったらどうしたらいいかわかりません。。。

一応、入院用具はキャリーバッグに準備はしているのですが。

ともかく、1人暮らしは、入院しなくていいように最善の注意を払って生活するに尽きます。

今はコロナもあるので、そうそう誰かに洗濯物をお願いしたりはできませんからね。

そして、家族も1人しか看護師さんとやり取りができないはずです。

今の時期の入院は、「孤独との闘い」でもありますね。

孤独に慣れていればいいですけど、淋しがり屋さんには堪えるかも。

Uさんは、ワイワイ楽しくがお好きなかた。

けど、今の肺炎を治すには、そんなこと言ってられない。

孤独にも、点滴にも耐えて、1日も早く完治されることを願うのみです。

と、ここまで書いて、お昼過ぎにUさんから早速LINEが!!

回復してきたら、必ずLINEくれると思ってたけど、早い~

昨晩は、汗をかいたけど、よく眠れたとのこと。

入院が決まって、安心したのかな。少し回復してきたみたい、と。

10階の山の見えるお部屋らしい。元気そうだ、よかった、よかった、一安心!!

自分は1人暮らしなんだから、気をつけないとと身が引き締まりました。

おひとりさまの方々、気をつけて頑張りましょうね!!

バラの生垣のお宅から、バラのおすそ分け

昨日の夕方、ゴミ捨てに行って、何気にマンション周りを歩いていたら・・

近くの立派な、2軒続きの戸建てにお住いのおばあちゃんが、掃除をしてありました

そこは毎年、バラの生垣が見事なんです。

だから、散ったバラの花びらの履き掃除

1軒は赤いバラ、もう1軒は淡いピンクのバラ。2軒はお母さまと息子さん夫婦のおうち。

思わず「綺麗ですけど、掃除は大変ですね」と声をかけてしまいました。

「そうなんですよ、生前主人が支柱も立てて、丹精こめて作ってたからね」と、

「でも、こんなに散ったら掃除が大変で。虫もいっぱいなんですわ」とおばあちゃん。

お歳をお聞きしたら、うちの母と同じ89歳、とても見えない。

耳が少し遠そうで、私は大きな声になる。

「私の母と同じお歳です、でもお若くて、お元気ですね」

「いやいや、膝は両方10年前に金属を入れて、なんとかやってるんですよ」

「お掃除ができるなんて、お元気ですよ。私の母はホームです」

お近くだったけど、毎年鑑賞させていただくだけで、お話ししたのは初めてでした。

息子さんがお隣から出てこられて、「バラ、持って行きませんか?」と。

「いいんですか?」「トゲがあるし、もう花びらは散るから、ほんのしばらくだけどね」

ということで、夕暮れ時に、わざわざ家の中から新聞紙を持ってきていただき、包んでくださいました。

「わぁ、綺麗!21年間ずっと鑑賞させていただいてました。ありがとうございます

と心よりお礼を言って、なんと図々しく、バラをいただいて帰ってきました~

出窓に飾った、投げ入れのバラ

やっぱり、バラは豪華!美しい!

出窓がパッと華やかになりました。

やはり、還暦過ぎて、自分もシニアになり、図々しくなったなぁと痛感しました。

でも、毎年、花をあれだけ咲かせるのは、手入れも大変、掃除も大変なんだろうなぁ。

虫も多そうだったし・・、右足ふくらはぎを蚊に刺されてしまいました。

左足(リンパ浮腫の看肢)でなくてよかった~

やはり、私のようなリンパ浮腫患者は戸建て、庭付きでなくてマンションで正解です。

戸建ての方からすると、マンションができる時は嫌だっただろうなと思いますけどね。

昨日は、嘘の、おまけのような、「美しいバラをいただいた」ラッキーな日でした。

コメント