未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

Webセミナー「リンパ浮腫治療のUp to date」を、昨夜視聴する 遺伝子検査のこと

メスのイラスト

Medi Japan社主催の市民向けWebセミナー『リンパ浮腫治療のUp to date~日進月歩の検査、診断、治療を学ぶ~』をMicrosoft Teams meetingでパソコンで見ることができました。

前川二郎先生のお話しに圧倒される Up to dateを感じました

前川二郎先生とは

横浜市立大学名誉教授

横浜市立大学医学部形成外科客員教授

今は、退職なさり、近隣病院の非常勤医師をなさっておられるようです

教授時代のお写真からは、少し瘦せられたなぁという印象でしたが。

先生は、LVA(リンパ管静脈吻合手術)の第一人者

リンパ浮腫治療の歴史から説明あり、論文も書かれており、リンパ浮腫に向き合っていただいていることを痛感しました。

話しのキレキレの現役感に圧倒され、こんな先生がお近くにおられたらと切に思いました。

録画もできないし、アーカイブも残らないと思い、メモを取りながら視ました。

私なりの、注目点

*造影剤を入れてのシンチグラフィーとCTも併用した、事前検査が主流になっていること。

*リンパ浮腫(原発性・上肢・下肢)のステージⅤまでの中で、Ⅰ期とⅤ期は案外、手術不適応だったこと。

 理由は、Ⅰ期は、まだそれ相応にリンパが流れているため、それほど効果が現れにくい。

 Ⅴ期になると、ほとんどリンパ管が機能していない状態なので、こちらも効果が出ずらい。

*上肢・下肢の太さ、周径が同じようでも、エコーで見たり、シンチの検査では個人差・個体差が大きい。

*術前に、ドレナージでリンパを流し、状態をよくしておくことが大切。

*リンパ管が皮膚の表面近いところや奥の深い部分にもあり、なくなった部分もバイパスができたりと、わかりにくいこと。

何よりいけないのは、「蜂窩織炎」を起こして、リンパ管を傷めてしまうこと。←辛すぎる~

リンパ浮腫患者は肥らないほうがいいと言われていましたが、脂肪吸引なども同時の手術もあるらしいこと。しかし、危険もあること。

*下肢の場合は、上肢に比べて、重力を受けるため、術後の成績も上肢のほうがいいということ。

下肢は筋肉を動かす運動は、やはりリンパを流すためにもすべき静脈をいい状態で保つことも大事。(キッチンでの立ちっぱなしはやっぱりよくないらしい)

*リンパ浮腫にも、なりやすい、なりにくいという遺伝的な体質があること。(「遺伝子検査」を受けて、まだなっていない方は、自分の体質を知ることも大事)

これらを約1時間の間に、早口でお話しいただきました。

途中、実際の手術なさった患者さんの術前、術後の写真なども見せていただきながらでした。

コンパクトな時間とお話しの中に、知らなかった濃い情報が満載でした。

2016年に一度、大学病院で受けようと検査していて、6月の手術で事前に体調を崩して断念した私。

リンパ浮腫が左足からお腹、鼠径部、外陰部にまで及んでいるので、手術適応だったのに・・

あれから、6年が経過し、その間、何回も蜂窩織炎を起こし、リンパ管を傷めているだろうね。

でも、6年の間に、先生たちの技術も進歩し、関心を持っていただける先生も増えているといいなぁ。

私は、足の周径を細くとは全く思っていません

ただ、蜂窩織炎を起こさないように、リンパ管が静脈とうまくつながって流れてくれたらとの思いだけ。

ただただ、顕微鏡下で行うMicrosurgery、先生の技量が大いにモノをいう手術です。

6年前に受けておけばよかったのか、これからこの歳でも間に合うのか、考えてしまいます。

九州にも、前川先生のような方がいらっしゃるといいなぁと真に感じました。

セミナーでも紹介された前川先生の本です。是非買いたいと思いました。

アマゾンではこちら

ジーンクエストで3年以上前に「唾液」で遺伝子検査をしました

はっきりした年月は覚えていないし、「ジーンクエスト」のHPを見てもわからないのですが・・

私は確実に、3年以上前に、「ジーンクエスト」で「唾液」を郵送しての遺伝子検査をしました。

検査結果も、このPCの中に残っています。

ただ、もうリンパ浮腫になってしまっているということは、なりやすい体質だったことは確かでしょう。

私とほぼ同じステージでがんの種類の違う、子宮頚がんの同期の友人はなっていません。

私より数歳若かったのですが、今でも介護福祉士、ケアマネとして、仕事をしています。

体格が違いました、明らかに。体質も違っているのは見た目でも明らかでした。

祖先が違うのでしょう。

「健康リスク」「体質」「祖先解析」「アルコール」「ダイエット」「おもしろ体質」などが出ます。

残念なことに、「リンパ管の性質、浮腫みやすさ」といった項目はみられませんでした

それでも、面白いです。私は早まる癖がありますから、とっとと受けてました。

リンパ浮腫などの病気がない方でも、ご興味のある方は、ジーンクエストをみてみられたらどうでしょうか?

ジーンクエストALL 遺伝子検査キット
約300項目の健康リスク・体質の遺伝的傾向と、祖先のルーツを知ることのできるフルパッケージ版。 数十万箇所の遺伝子を解析対象とし、下記の項目を網羅いたします。 1がん・心筋梗塞・糖尿病などの健康リスク 2肥満・薄毛・肌のシミなどの体質 3祖先のルーツ ※ご購入以降も、新たな研究成果が更新されれば、解析項目を追加していき...

別のGeneLifeという検査もあるようです。

新 [GeneLife Genesis2.0 Plus] 360項目のプレミアム遺伝子検査 / がんのリスクや肥満体質など解析
GeneLife売上1位のプレミアム遺伝子検査キット。がんや心筋梗塞、新型コロナウィルスなどの疾患リスクや、肥満要因や肌タイプ、運動能力などの体質、母方祖先のルーツなど、約360項目を解析できるプレミアム遺伝子検査キット。あなたの遺伝的な体質をもとに具体的な対策をアドバイスするので、生活習慣の見直しにお役立ていただけま...

こんな遺伝子検査 CircleDNA という検査も見つけました。

唾液と口の中の粘膜の提出で、より幅広く正確なのかもしれません。

値段は高めですが、今なら最大30%offをうたっていますね。明日まで!

でも、また割引はあるでしょう。彼らもお客さんがいないことには、成り立ちませんからね。

これからもどんどん進むであろうこの分野、また受けたくなるかもしれません。

遺伝子だから変わることってないだろうから、加齢による劣化はあるとしても、変わらないのかな。←アホな私

コメント