未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

事前検査【血液、マンモグラフィー、骨塩撮影】/商店街ちゃんこ祭り

サッカーのコスタリカ戦は残念。私は見ないほうがいいのかも。スペイン戦は見ませ~ん!

今日は来月の更年期外来の事前検査で大学病院まで行ってきました。

今日から雨で九州も気温が下がるもよう。もう東日本は寒いのでしょうね~。

血液検査、マンモグラフィー、骨塩定量 疲れます💦

来月の更年期外来受診の前に、半年に1回の血液検査をまず受けました。

昼食抜きで行った午後からの採血ですが、看護師さんの数が少なくかなり待ちました。

40分ほど待って、上手な看護師さんに細い血管から採血していただきました。

そしてお昼はコンビニで買ったサンドイッチとジャスミンティーでパパっと済ませました。

控えているのは、年に1回のマンモグラフィー、骨塩定量検査(放射線科)なんです。

子宮がんの後遺症に、私は膣の萎縮とそれに伴う「老人性膣炎」があります。

もうひとつ、女性ホルモンの早期減少からの骨粗鬆症を遅らせないといけないのです。

そのため、この歳でも女性ホルモン剤「エストリール」を服用しています。

だから、1年に1回のマンモグラフィーは必ずなんです。

それと骨塩の測定=骨粗鬆症を見つける検査を毎年やっています。

歳を重ねて姿勢が悪くなり、骨量は下がっているだろうなぁと自覚もあるこの頃。

マンモの検査は年に1回ですが、ない乳房を思いっきり挟まれるいた~~い思いをまた今年も😣

脇から挟まれて、飛び上がりたいほど痛いのを我慢。検査技師さんも大変だといつも頭が下がります。

いつ来ても病院は人が多くて、中は広いし、移動距離も結構あります。

おかしな話しだけど、元気じゃないと大病院には来れないなぁと最近はよく感じます。

院内にはクリスマスツリーが飾られていました。少しでも皆さんが和むようにな計らいですね。

結果は来月の受診日です。何もないといいなぁ。

すべての検査を終えて、雨の降る蒸し暑い中、足早に帰りました。

お相撲の九州場所が終わって、商店街でちゃんこ祭り

お相撲の九州場所が終わって、夕方には商店街で恒例の「ちゃんこ祭り」がありました。

高砂部屋のお相撲さんたちが、場所中近所のお寺で過ごしているらしいのです。

こんなのぼりが近所の料理屋さんにありました。

平幕の「阿炎」関が優勝したとか。最近はテレビでも全然見ていません。

私は1回も相撲観戦に行ったことがないのです。1回くらいはこの目で、お相撲の競技を見てみたいな~

以前は、お相撲さんたちが自らちゃんこを作ってくださっていたのですが、コロナ禍で違うみたいでした。

今日は商店街のお店の店主さんたちが、作って配ってありました。

1杯300円なので、図々しくタッパーを持っておばちゃんは1人分買ってまいりました。

1人で3人分と、お鍋をかかえてきていたおじさまもいらっしゃったりして、結構人気なんです。

今夜はこれをいただいて、肉団子に野菜とキノコ、またスープが美味しくて大満足でした😀

お相撲さんが食べるちゃんこ鍋、なにより温まりました。

これも、このマンションに引っ越してきてからの風物詩。「住めば都」ってあるんだなぁ。

毎年ではないけど、行ける時はこのちゃんこ祭りに行ってます。今日は雨でお客さん少な目でした。

夫はこれも1度も味わうことなく天国に行っちゃいました。

夫の分まで2人分買えばよかったけど忘れるのは…

わ・た・し・は・ひ・と・り っていうフレーズが頭に染みついているからなんですね、ごめんね。

私は病院にかかりながら、現代医療に寄りかかって、今もしぶとく生きてるよ~😊

お読みいただき有り難うございます。アイコンを2つクリックいただけますと幸いですm(__)m

コメント