未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

遠くの友人、2人コロナ感染 すぐそこまで! 私は虫刺されでドレナージ断念

今日は午後からリンパドレナージの予約してましたが・・

土曜日夜に気づいた虫刺され(ダニ??)が、昨日丸1日ストッキング履き続けて、治るどころか痒みが増しました💦

それが、左足の膝部分、治りにくいはずです。こんな感じ(写真)で2か所、刺されたもようです😥

ゲンタシンを塗っていたから、大丈夫と思ってましたが、甘かった~!

ドレナージはキャンセルせざるを得ません。残念~!左足太ももはカチカチなのに・・

今日は、私の話しではなく、今月は東海と関東の知人2人がコロナに感染(治った1人、今罹患中1人)のことです。

もうみんながかかりうる、そこまで広まったことを実感しています😱

未亡人仲間のDさん、お盆前からコロナに でも完治してお仕事復帰

Dさんは、私と同じ年に未亡人になり、お子さん2人はすでに結婚、下の娘さんにも昨年お孫さん誕生だったのです。

横浜に嫁がれた娘さんがコロナに感染し、娘さんが生後7か月の孫娘さんとDさん宅(東海)に里帰りされたのです。

マンション内で、娘さんを隔離して、生後7か月のお孫さんのお世話をすることになったそうです。

数十年ぶりの乳児のお世話で、「こんなに乳児のお世話って大変だったかしら?」と思ったそう。

だけど、その時にはすでに孫娘さんもコロナに、そして、Dさんも陽性になっていたのでしょう。

多分、熱もあった中、必死でお孫さんの面倒をみたDさんは、すごい精神力と体力の持ち主。

そして、娘さんが回復された時には、自分も咳、と喉の痛みが出てきたそうです。

お盆もなにもなかったそうです。仕方ないですよね、必死に子と孫を助けたDさん!

心からの拍手を送りたい。娘さんとお孫さんが回復し、旦那さんが迎えに来てホッとしたそうです。

よかったのは、治ったことと、娘さんとは忘れられない夏になって絆が深まったそうです。

狭いマンションのワンフロア、トイレもお風呂も1つしかないので、そこに数人住めば、感染してしまいますよね。

でも本当によく頑張られたのだと思います。保健所の対応もよかったとLINEありました。

もう、誰がかかってもおかしくないくらい蔓延しているのですね。

かかっても、家で治るということがわかってくれば、みんな少しは安心しますよね

もう先週金曜日から、お仕事に復帰し、ドキドキしたそうです。

料理やお買い物はどうしていたのか、明後日電話で聞くことにしています。

リンパ浮腫友のOさん、心配で昨夜LINEしたら・・今朝「コロナに」と

昨日、ヤフーニュースで「孫リスク」のことが出ていたので、心配になってLINEしました。

「孫リスク」で検索してみてください。今のジジババと子夫婦、孫の関係が出てきます。

Oさんは、長男さんとの二世帯ではない、「同居」に家政婦みたいで嫌だといってた、リンパ浮腫のお友達です(関東在住)

健康なジジババですら、「孫とはいつも一緒は嫌」というご時世なのですから。

右足が、左の2倍近く浮腫んでいるOさんが、辛いのはもう当たり前、ただでも疲れやすいのです、リンパ浮腫患者・・・

「お孫さんと一緒に居れる時間なんてあっという間、貴重な時間だよ」なんて、理想を言ってしまった私。

Oさんに申し訳なくて、昨夜LINEしたら、今朝LINEがあって・・・

なんと、コロナにかかり、今、熱と倦怠感でどうしようもない状態との返事でした😨

そして、子どものいない次男さんのところに隔離中なんだそうです。

長男さん一家は、かかっていないのでしょうか? 不顕性感染? お子さんからでしょうか。

ああ、リンパ浮腫だけでも辛いのに、孫までお世話して、食事の支度して、辛かったでしょう。

孫がいて、一緒に住めて幸せだったのは昔の話し。今は自由な1人が楽な時代なんですね

そこに、コロナにまで襲われて、Oさんは次男さんのお宅があったから、やっと救われてます

こういう時は、近くの子どもがやはり頼りになりますね。早く治って、LINEを待っています。

離れた友人が今月2人もコロナ感染の現実。いよいよ、我らの世代にも迫ってきたかと思わせられます

1人暮らしは大丈夫と思いきや、実際はどうやって乗り越える?

近隣に、感染の話しは聞かないのですが、離れている友人がかかっているという現実。

「1人暮らし」は、かかる可能性は低いのでしょうけど、かかった時はどうすればいいのかしら?

作り置きだけで、凌げるかしら? やはり少し多めに買い置きしておくのは必要でしょう。

買い物には、1人だからこそ出ないと仕方ないですよね。どうするべきか自分で考えるしかない?

今朝も、ドレナージの先生に電話するもつながらず、LINEも既読にならない、もしかして?!

と、疑心暗鬼になりましたが、午後になってから、用事で出られなかったとのことで一安心でした。

来週にドレナージ変更していただきました。それまでには、虫刺されも治っているでしょう。

夏の暑さの疲れと、気温差の身体への侵襲、皆さま気をつけましょう。よく寝ることですね!

近所の長年のクリーニング店もこの1週間ほど、シャッターが閉まっています。

「10日ほど、お休みします。クリーニングの引き取りはお電話ください」という張り紙が。

もしかしてして「コロナ?!」と思ってしまうのは、もう当たり前くらいの流行期。

どうか、かからないで済むものならかからずに

かかっても、軽くて、治るものなら治してください、と祈るしかありませんね。

くれぐれも、皆さまお気をつけくださいませ。

コメント