未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

たかが虫刺され、されど虫刺され・・リンパ浮腫患者の悲哀😢

見苦しい写真です・・

用心して月曜日から、弾性ストッキングも履かずにいても、より赤くなってきました💦

今日もストッキングは履けないので、外出ができません。困った~~涙

浮腫のひどいほうの左足の「ひざ」 膝は稼動するから治りにくい?

なぜ、虫刺されがいつも看肢の左なのか??

気づいたのは先週土曜日27日の夜、まだうっすらと赤い点があるだけだったのに。

すぐに赤いところにはゲンタシンを塗って、他はいつもの手入れをして寝たのですが。

日曜日はストッキングを履いて、1日中キッチンで調理していて、確かに暑かったです。

夜に痒みで、さらにゲンタシンを塗って明日には大丈夫と思って寝たのですが。

月曜日29日の朝は、ドレナージは止めておこうということに。

この時より今日のほうが赤い!!、枯れてきているのかなと思いたいですが・・

用心して、月曜日から昨日も、弾性ストッキングを履いていません。

ドレナージもキャンセルしました。それなのに、治りが遅いのはゲンタシンの効果が弱まってる?!

膝だから、動かすから治りが悪いのはあるでしょう

膝の皮膚は他より厚いので、赤みの芯が奥までいってる感じがします。

日曜日に甘く見て、ストッキングを履いて、調理したのがいけなかった~。

リンパ浮腫患者の悲哀です。まだ、即「蜂窩織炎」にならなかったのは不幸中の幸いです。

ストッキングを履かないと、中々動くのがためらわれます。

何故かって? それは途端に浮腫みがひどくなるからです。

元気な時は、いかに動き回れているか、ストッキング着用の身でも感じます。

動けないということが、こんなにも人間にとって辛いことなのか改めて思い知ります。

「どこへでも動けるかた」は、当たり前で感じておられないかもしれませんが、それだけで幸福なんだとしみじみ思います!!

今日もストッキングは履かないで様子見 足首サポーターだけ

月曜日はまだましでしたが、昨夜は、足首が両方とも象のような感じになりました~

くるぶしのくびれがなくなり、象さんのようにズドンとした足に・・

足の甲まで浮腫みが下りてきて、やっぱり「弾性ストッキング」の必要性を感じます。

リンパ浮腫患者には命綱なんです! 履けないと、動けない、素足で動くと象さんの足に💦

虫刺されがいつだったのか、ダニなのか、蚊なのか? 皮膚科に行く元気もないのです。

熱はないのですが、患部が「ひざ」なだけにストッキングとこすれて悪化しそうなんです。

こんな感じで、気分も落ち込み、動けず、悪循環に陥っています。

価値のある(かもしれない?)記事を書きたいのですが、気持ちも頭も回らずに愚痴になってしまいましたm(__)m

昨日の夜から、足首サポーターだけつけています。

なんとか、足の甲まで浮腫が下りていかないようにするしかありません。

夏はただでさえ浮腫みがひどくなる季節、そして、虫刺されも多くなります。

早く治るように努力して、またストッキングが履けますように。

ゴミ捨てだけは、なんとか行けますように。

リンパ浮腫患者は、こんなささいなことでも苦になります。

温かい目で見守っていただけますと幸いです🍀

コメント