未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

赤い椿白い椿と落ちにけり

椿も桜も咲く春爛漫

週末料理を終えて、散歩に出ました。

寒がりには日陰の風がやや冷たい。けど、夕方近いのにお天気はいい。

公園に行く途中のお宅の赤い八重椿の見事な咲きっぷり。思わずパチリ。

そして、椿はその重そうな花をボトっと落とすのです。

それが、あまりよくないイメージを持たれることもあるのですが。

白い椿はなかったのだけど。

ふと高校時代の国語で習った河東碧梧桐の「赤い椿白い椿と落ちにけり」という俳句が浮かびました。

これはきっと、緑の苔の庭先に赤と白の椿が落ちているさまを作者は描いたのではないか、と私は思うのです。

ありありと美しい情景が浮かんでくるこの俳句は、私の脳裏に焼き付いています。

本当に単純だけど、色彩と花が見事に映像になってると思います。

この句の椿はどちらとも、八重椿などではなく、普通のヤブ椿だと私は思い描いてます。

勝手なこと言いますが、日本画家の先生、東山魁夷さんや、小倉遊亀さんなどに描いてほしかったような情景です。

椿は大好きな花、樹木。椿の花言葉は「謙虚な美徳」「控えめな素晴らしさ」らしい。

頭の中は、その句がリフレインしながら公園へ。

「今とここ」を精一杯生きるに尽きます

公園には、小さなお子さん連れのご家族が身体を動かしにいっぱい!

ご夫婦などのカップルも、池の周りをランニングする屈強な方々も、いろいろ。

皆さん、春を楽しんでおられました。

公園までが1500歩くらいだから、私は空いていたベンチに腰掛けました。

快晴で、池はカモなどが泳いでいます。

貸し切りの足漕ぎボートで池を散策する方たちも、今日は多かったみたいです。

花壇のクリスマスローズも咲き終わりそうな感じですが、花々の美しい季節です!

こんな黄色の綺麗な花も!

実は、この公園は、夫を亡くしてすぐにもよく足を運んだ公園です。

その頃は、ベンチで空を見上げて、涙が出てきて、ひとしきり泣いて帰ったものです。

あの頃も1人で。20年後の今も1人で

その間は、友人や息子と花見に来たり、菖蒲を見に来たり。ボートにも乗ったなぁ~。

リンパ浮腫になって翌年の夏は、左足に弾性包帯を巻いて、リンパを流すためにウォーキングに来たり。

シングルアゲインだけど、もう今は涙は出ない

いろいろありすぎて、強くなったのだよねぇ。

むしろ、空調のいらない今のこの時期を、どう心地よく過ごすかを考えるようになりました。

今とここ」 そして 「今日が一番若い」 を再確認した日です。

コメント