未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

尿意が戻ったはいいが、年齢のせい?夜間尿意で目がさめる😢

全くなかった尿意がじわり戻ってます 神経がつながった?!

2000年秋に、子宮がんで、広汎全摘出術をしました。

Ⅱb期だったせいで、当時はみぞおちから恥骨まで約25センチの切腹手術

子宮と膀胱は近いせいか、頚がんの患者には排尿障害が起こりやすいんです。

私と違い、最初から「尿モレ」の方もいらっしゃいます。

私の場合は最初は、「全く出なくてどうなるの?」と恐怖におののきました。

尿が1滴出た時の嬉しさは、当時、飛び上がるほどのものでした。

そして、それから普通におしっこが出るようになりました。

が、尿意はないまま時間を見ておしっこに行く習慣がもうず~っとでした。

それが、この2~3年ほどの間に、徐々に尿意を感じるようになってきたのです!

自分でも驚きでした。

20年近く経って、全くなかった尿意が戻るなんて、そんなに長生きしたのか?!

2000年、入院当時

執刀医
執刀医

膀胱の神経もかなりあたっているから、尿意は戻らないだろうね。

歳をとったら、尿モレを起こす可能性はある。

と言われていたんでした。

(その前に、私はそんなに長く生きられるのか?という疑問は持っていました)

だから、その言葉を信じて「尿意」は戻らないだろうと思ってました。が、戻ってきたんです!!

人間の身体の神秘(脳と膀胱の神経がつながった?)なのか、単なる「老化」なのか?

排尿訓練の辛さは以前のがん闘病記にも書きました。

それが、なんと今では夜間に尿意で目がさめることに~

あんなに尿が出ないで、苦しんだのはなんだったのだろう。

尿意が戻ったことは、普通だったら、この上なく喜ばしいことのはずです。

でもでも、病気になる前のジャっと、ささっと出るのではなく、少し腹圧はかけます

これは、尿を全部出し切るためにも必要みたいです。

膀胱あたりを両手で押さえるとよく出たりします。

そうそう、尿意が戻ったのは、昼間には大変嬉しいことなんですが・・・

夜間、眠っている時にふと、尿意で目がさめるようにまでなっちゃいましたー。

これは、老化と何か他に病気もあるのかと、最近は少し心配にもなっています。

最近、ここ2年くらいは、必ず1回目がさめて、トイレに行くようになってます。

22年近く経ってしまうと、今度は老化や別の病気が顔を出してきますね。

人間、いつまでも若くはないのです! そう、今日が一番若い!

あの病気をして苦しかった頃は、60代など考えられませんでした。

生きている限りは、やはりどうしても「生活の質」を落としたくはないですよね。

できるだけ、元気で毎日が暮らせるように生活習慣を考えないといけません。

運動不足は、特にあると思います。足に問題ありの身体ですから。

できるだけ、腎臓に気を遣って暮らしているつもりですが、なかなかです。

小豆が腎臓の形に似ているので、小豆が腎臓にいいと知って、小豆カボチャは定番です。

小豆カボチャは薄い塩味だけで、カボチャの甘みで結構いけます。

夜間尿は、糖尿病のなりかけかもしれないので、歩くことも心がけてはいます。

一度、内科か泌尿器科でしっかりと診ていただくのが、一番ですね。

婦人科がんで、排尿障害をかかえておられる方も、私のように治ることもあるみたいです。

昼間の尿意は歓迎ですが、夜間の尿意はごめんこうむりたいですね。

また、病院との縁を作るのは嫌ですが、予防に徹することは大事ですから。

「そのうち、そのうち」ではなく、病院探して行ってみなくっちゃ!

トルコキキョウ(アプリコット)と利休草の小さな花(左)

コメント