未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

BTSにはハマれないけど、音楽のこと

BTS(防弾少年団)にはハマれない 昔のビートルズみたい?

Youtubeで「BTS」の曲を聴いてみました。

確かに、今風で曲も素敵です。メンバー7人らしいけど、若くてカッコいい。

E子さんお勧めの「Permission to dance」は、英語だし、世界に向けての歌と踊り。

踊りもキレキレで、英語の歌とダンス! よく韓国からと思いました。

ドラマと同じく、韓国のエンタメ立国として、大きく一役かっている気がします。

少し前の「東方神起」も、日本ではかなり流行ってましたよね。

それの世界へ向けての発信を英語で始めた感じなんでしょうね。

シニアの私がハマれるかと言えば、「ノーかなぁ」。

BGMに流しておくにはいいかなぁって感じ。

以前、私と同じ世代の未亡人仲間も、関東では「東方神起」にハマってた人もいました。

九州にいては、コンサートにも新大久保にも行けないし、遠い気がします

が、日本の若いアイドルの歌、AKB48を筆頭に「素人っぽい女の子」をたくさん集めたのとは違います。

そのあたりは、もっとカッコよく、プロ意識がハッキリしていて、世界戦略路線

そこがすごいことは認めます!!

女の子の集団「Black pink」とかもいるそうですね・・よくわかりません。

日本も今は英語が出来て当たり前になりつつあるけど、韓国は一歩先を行ってますね。

平均賃金も日本は、韓国に抜かれたとか。

人口は半分の国、お隣ながら、資本主義のアメリカを追っているような。

半地下の家族もいれば、財閥の御曹司もいる、貧富の差が大きくなったのも国策でしょうか。

もっと、もっとこれから彼らが世界で活躍していけば、ビートルズみたいになるのかもしれませんよ。

そんな予感も残している BTS ではありますね。 ←おばちゃんの感想

珍しいピンク紫のアジサイ

若かった頃、どんな曲がお好きでしたか? 私の青春の曲たち

私も若かりし頃は、やはり流行の歌に、人並みにハマった時がありました。

もちろん、ビートルズ、ローリングストーンズ、イーグルス、レッドツェッペリン、エルトン・ジョン、スティービー・ワンダーなどの洋楽。

その後、クイーン、エリック・クラプトンも大好きでした。

女性では、エンヤやサラ・ブライトマンなどだったかしら。

ただただ、英語の歌詞で歌う彼らがカッコよく見えたし、旋律も素敵でした。

日本の歌も、若い頃はよく聴きました

好きだったのは、吉田拓郎さん、特に山下達郎さんは大好きでしたね。

「RIDE ON TIME」「高気圧ガール」「クリスマス・イブ」などは私の青春の曲でした~。

小田和正さんは、その後くらいになりますね。

夫を亡くしてからも、コブクロや福山正治さん、森山直太朗さんあたりは聴いていました。

女性歌手では、はずせないのはユーミン!

若い頃は彼女の曲に魅了されなかった同年代はいないのでは?!

夫を亡くしてからも、若い未亡人だったYちゃんとコンサートにも行きました、福岡で。

そして、竹内まりやさん。

竹内まりやさんの「人生の扉」は何度聴いても、いいですね。

この年齢になっても、聴ける曲です。

クラシックも、息子がピアノを習っていたせいか、もちろんBGMに流していました。

生まれる前の胎教にと、「アルビノーニのアダージョ」や「パッヘルベルのカノン」などが入ったCDをよく聴いていました。

夫の生前、福岡でのイ・ムジチ合奏団のコンサートに、息子と3人で行ったのは稀有な思い出です。

50歳半ばを過ぎたあたりから、体調を崩すことが増えて、音楽からも遠ざかっています。

やはり、若い頃に、スポンジが水を吸収するように耳に入った曲は残りますね

今は、好きな曲だけを買うシステムになったり、サブスクで聴くことも増えたようですね。

ただ、私たちシニア世代は、スマホで曲を聴きながらなんて、危ない年齢になりました。

きっと若かったら、そういうことも平気でやっているはず。

時代は過ぎ去り、新しい世代の若者の音楽が存在します。

知っておくことは大事かもしれませんが、無理に取り入れる必要もないのではと思えるようになりました。

私の青春がつまった曲ばかりのCD

コメント