未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

インフルエンザ予防接種 【健康訓・替え歌】紹介

体調が落ち着いているので、インフルエンザのワクチン接種を受けてきました。

注射だけなので、9月に決めたかかりつけ医ではなく、一番近い事務的な内科に行きました。

そこには以前は待合室に「健康訓」「面白替え歌」の紙がありました。

インフルの注射は2秒で終わり 効き目は??

おそろしく事務的な一番近い内科で、インフルエンザの予防接種を受けてきました。

相変わらず事務的で、午後からはほとんどガラガラ、私だけでしたから早く終わりました。

以前の15年以上のおじいちゃんかかりつけ医は、よく話しも聞いてくださり、予防接種の注射も慎重でした。

注射後30分は待合室で変化がないことを確かめてからでないと、帰れませんでした。

一番近いその内科の男性医師は、打つのも2秒、打った後もすぐに帰っていいし、ずいぶんと先生によって違うなぁと思うことしきり。

こんなので、効果はあるの??ってくらい、先生が打ったのは2秒ほど、驚きます~。

お年寄り(私も仲間になりましたが)が非常に多くて、常時投薬だけの患者さんがたくさんいらっしゃるみたいです。

しかし、そこには以前は置いてあった、面白いチラシがあったのです。それをご紹介しま~す👍

健康十訓 なるほどと思わせられます 誰が考えたのかしら

健康十訓

1   食うのを少なくして、かむのを多くせよ

2   車に乗るのを少なくして、歩くのを多くせよ

3   着るのを少なくして、浴びるのを多くせよ

4   心のもだえを少なくして、働く事を多くせよ

5   なまけるのは少なくして、学ぶ事を多くせよ

6   怒る事を少なくして、笑う事を多くせよ

7   語る事を少なくして、聞くのを多くせよ

8   言う事を少なくして、行う事を多くせよ

9   取る事を少なくして、与える事を多くせよ

10  責める事を少なくして、ほめる事を多くせよ

最初に家に持ち帰ったのは、もう10年以上前、緊急時にお世話になった時でした。

なるほどと思わせられることばかりで、納得の言葉です。誰が考えられたかは聞くのを忘れてます💦

中には耳に痛いことも多くて、私などは2、3、4あたりと8がなかなかできてないなぁと反省です。

遠いとすぐタクシーを使ったり、いつも1枚多めに着て寒さをしのいだり・・働いてはいないし・・

有言実行もなかなか難しいなぁ。

いかがですか? 結構身にしみる言葉でしょう? メモして時折見るとシャキッとしますよ💛

おもしろ替え歌 これが歌える人はシニアの先輩!

「お座敷小唄」というのをご存知でしょうか? ご存知の方は私より年上のシニアの先輩ですね(笑)

「富士の高嶺に降る雪も~、京都先斗町に降る雪も~」という歌詞で始まります。

調べたら、1964年に発売された、和田弘とマヒナスターズという方の歌みたいです。

私はかすかに、幼稚園児くらいの頃に、家で親戚が集まった時に父たちが歌っていたのを覚えています。

まだ「認知症」という言葉が行き渡っていない頃に作られたのかもしれません。面白いです!

それに合わせた替え歌で、「ボケない小唄」と「ボケます小唄」

ボケない小唄

1  風邪をひかずに転ばずに 笑い忘れずよく喋り 

   頭と足腰つかう人 やる気ある人ボケません

2  スポーツカラオケ囲碁俳句 趣味のある人味もある

   異性に関心もちながら 色気ある人ボケません

3  年をとっても白髪でも 頭はげてもまだ若い

   演歌唄ってアンコール 生き甲斐ある人ボケません

ボケます小唄

1  何もしないでぼんやりと テレビばっかり見ていると

   のんきなようで年をとり いつか知らずにボケますよ

2  仲間がいなくて一人だけ 何時もすることない人は

   夢も希望も逃げてゆく 年をとらずにボケますよ

3  お酒も旅行も嫌いです 唄も踊りも大嫌い

   お金とストレス貯める人 皆の二倍もボケますよ

どうでしょう? 健康十訓と似ていますが、こちらは唄になっています。

「演歌」が出てくるあたりは、私たちの親世代に向けて書かれたものみたいですね。

私たちの親世代はもう90歳は過ぎている方が多いでしょうから、まだ認知症という言葉ではなくボケるになっています。

今でも十分通用する歌詞ですが、さすがに歌を知らないと面白味が半減しますね。

私は64歳でも歌えますから、相当シニアの部類ですね、ワハハ🤣

youtubeで「お座敷小唄」で検索して、替え歌で歌ってみてくださいませ。

身にしみるところも必ずあるはずです。結構1人でもウケますよ~!!

ブログ村のランキングに参加しています。クリックいただけますと喜びますm(__)m

コメント