未亡人で病気持ちでもおひとりさまを楽しく生きる!

かかりつけ医に褒められました(笑) 台風一過で秋の気配

昨日朝起きてみると、九州北部は何ともなかったので、「ええ~、史上最大ってこんなもの??」と思っていました。

そうしたら、台風の目が通過していた模様です。午前10時半くらいから突然の暴風雨、それも夜まで少し暴風は残ってました。

やはり、台風は大きかったのでした。吹き返しの風の荒れ狂うさまは、マンションでも感じましたから。

関東のほうは、まだ雨でしょうか?

こちらは、今朝から台風一過で、さわやかな初秋の風と気温になり、一時的に快適です。

24時間ホルター心電図をつけていたので、今日は午後からはかかりつけ医に結果を聞きに行きました。褒められましたよ~。

1人での台風への準備にも慣れてきました

マンションなので、多少の暴風雨にはわりに平気なのですが、今回の台風の予備情報にはビビりました。

ちょうど息子が帰省していたので、今回は一緒にベランダの物干しざおを下に降ろして、軽い植木鉢を室内へ移動して。

あとは1人で、デッキブラシやほうきと塵取りをトランクルームにしまって、排水溝を掃除しました。

九州は昔からよく台風には直撃されていたので、慣れてはいるのですが、最近の台風は規模が違ってきましたね。

予報も正確なので、早くから急かされるように準備するようになりました。

今回の台風で、息子は台風に追われるように、事前に職場のある市へ、食材と一緒に戻りました。

昨日は起きても何ともなかったので、「なぁんだ、大げさだったなぁ今回も」なんて思ってたら・・

吹き返しの暴風雨に午前中から突如襲われました。軽い葉っぱや紙類が空中を舞っていました。

雨が止んで風だけになっても、西風はなかなか止みません。ベランダの鉢は健気に西風に曝されていました。

今朝カラカラに干からびた葉っぱに水をあげて、生き返ったようです。

今後、毎回この程度の台風が来るようになるかと思うと、温暖化していなかった頃がよけいに懐かしくなります。

この過酷な自然環境とともに、生きていくことの大変さをまざまざと感じ、気が引き締まりますね。

かかりつけ医に 「とてもいいことです」と優しい先生

今日午後からは、先週の「24時間ホルター心電図」の検査結果を聞きにクリニックへ行きました。

美人女医、人気の先生(先生のファンもいるくらい!)なので、患者さんも多く少し待ちました。

呼ばれて診察室へ。

24時間心電図も先生の所見では、今のところ夜間の動悸も気にしなくていいくらいの異常なし!

画像でも不整脈などは全くみられないそうでした😳

血液検査で肝臓の値ALPが基準値以下なのも、痩せている女性はそういう値が出やすいそうで異常ではないとのこと。

先日聞き逃した血液検査のTRACP-5bの値も253で、骨粗鬆症の薬の必要もないそうです。

私が「リンパ浮腫以外、どこも悪くないということですか?病院に来るのが恥ずかしいですね」と言うと、

先生が「いえいえ、素晴らしいことですよ、どこも異常がないのですから、とてもいいことです」と。

そして「○○さんの場合、1年に1回くらいの検査をしていけばいいでしょう」ということでした。

やっぱり肥っていないということは、健康ということなのでしょうね??

血圧も、コレステロール(高脂血症)も、血糖値も気にしなくていい、実は健康体?なのでしたぁ笑笑

ただ、スタミナというか、パワーがないのです。それで、疲れやすいのですね。足の浮腫のせいもあるかな。

これは少しふっくらする以外、打つ手はないのでしょう。聞き忘れました~。

蜂窩織炎を起こした時は、電話をして来院して、お薬を出していただけるとのことでした。

リンパ浮腫があって、QOLは低いけど、その他はどこも悪くないということは喜ぶべきこと、先生にも褒められました

栄養学を少し勉強して、食生活がきっと悪くないことを感じるいい機会でした。

*グルテンフリーに近い食生活

*甘いものをかなり控える食生活

*天然塩は普通に摂る食生活

*タンパク質と野菜は意識して摂る食生活

*自分に合った方法で便秘解消をしていること

*無理はしないけど、歩ける時は必ず歩く

*自分のペースで睡眠をしっかりとること

これらが、総合的に虚弱な身体にもいい結果をもたらしているのだと、自信が出ました。

帰り道は、台風一過の爽やかな風と気温、まだ夏のワンピースにカーディガンでサクサク歩けました。

このくらいになると、夏の暑さにやられていた身体の細胞が蘇ってくるのを感じます

年間を通して、こんな気持ちのいい気温と湿度だったらどんなにいいでしょう!!

優しい「かかりつけ医」の先生に「とてもいいことです」と褒められて、嬉しくなった1日でした。

コメント